雨後雨

ゆっくり、少しだけ、日々のこと

綺麗な爪と皺

私はマニキュアやペディキュアが好き。

そういうものをきちんとしている女性は良いなって思う。

接客業の場合は色を着けた物を塗らない場合でも

クリアーを塗るのはマナーですね。

女性は色々大変です☆

 

f:id:bluekana:20170422083053j:plain

 

 

でも、つけ爪はあまり好きではない。

 

f:id:bluekana:20170422083212j:plain

 

ドレスアップする時の為のものだと言うのは理解しています。

でも、どうしても生理的にダメなのです。

 

私の座右の銘

「掌の皺が己の知の総体」なのですが、

やはり、美は日常で輝く所作の延長にあるのが良いと

思ってしまうのです。

古い人間なのですね。

 

同窓会に出席した際の話を綴った、好きな作家の一節に

おばあちゃんが私の手を握ってきた。

良く見ると彼女は同級生だった。

可憐な少女は老女になってしまったのだが、

それは私も同じなのだ。

しかし、長年身体を使って労働してきたのであろう彼女の手は、

硬く皺が刻まれた、実用的な良い手だった。

と言う心に染みる話があります。

 

まあ、そんな訳で世の中がどうであろうと、

働くことに付随する美しさは、着飾ることを凌駕すると

私は思いたいのです。