雨後雨

ゆっくり、少しだけ、日々のこと

祖母と義母のこと

祖母は私が小学5年の時に他界した。

その前年、祖父が亡くなったばかりだった。

祖母は16の時に会ったこともない祖父の元に嫁いだ。

一次産業の家業を切り盛りしながら、7人の子を産み

丁稚奉公の少年たちを我が子と分け隔てなく育てた。

昭和の大戦時には上空からB29に狙撃され、幼い子供の手を引き

数キロ離れた防空壕まで空襲の度に走ったそうだ。

祖父が無くなり、どうか残された時間は自分の好きなことをと

家族皆が願っていたのに、その時間は僅か1年だった。

 

昨年義父を亡くした義母は今正に同じ状況だ。

私は残った時間は自分の好きなことをし、好きな場所に行って

欲しいと強く言った。

しかし、義母の健康は急速に衰えている。

切ない。

私は自分の祖母に似た義母のことが好きなのだ。

 

祖母の生前の口癖は

「生きてるくせに文句を言うな」

そう、その通りなのだ。

我々の世代は贅沢過ぎる。

しかし、私は義母にはもう少し自分の為の楽しい想い出を作って

欲しいのだ。

なんとか車椅子で出掛けられる様になったら、

近所の植物園に連れて行ってあげたい。

彼女は花が好きだから。