読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

雨後雨

日々の事。やれることを少しだけ。

登山と記録

エベレスト最高齢登頂を狙ったミン・バハドゥール・シェルチャン氏

がベースキャンプで亡くなったそうで。

 

headlines.yahoo.co.jp

 

 

三浦のおじいさんに奪われたタイトルを取り返したかったと

いう見出しですが、彼はネパール人なのでチャレンジの理由は

それだけでは無かったのかもしれません。

まあ、しかし、そんな彼の事情はさて置き、登山における記録と

いうのは「地理的」「技術的」の2点です。

年齢に対するチャレンジと言うのは一見、技術的記録に含まれる

感じがしますが、そんなものはTV向けの余興の様なものです。

エイドで登ったかフリーで登ったかはルールという意味で大きな

違いがあります。山にとっても受けるインパクトに違いがある。

これは極地法とアルパインスタイルの違いも同様。

しかし、20歳が登ろうと80歳が登ろうと山にとっては関係あり

ません。

山に全く興味がない人ならいざ知らず、山が好きなら、

酸素を使った7大陸最高峰登頂とか、フィックスを使いながらも

単独を謳っている様なチャレンジ(本人にとっては)にどの程度の

価値があるのか見極める目を持って欲しいなぁと思います。

 

高所登山と言うのはロジックで完遂出来るとは限らない行為です。

とんなにトレーニングをして、高度順化を完全に行い、天候に

恵まれてもデスゾーンでは持って生まれた弱い部分の因子が顔を

出したりします。それは個人の意思ではどうにもならない。

私の知人も以前、マッキンリーで大変な事態になってしまいました。

そう言う意味で、どんなに慎重に段階を踏んでも、イモトのエベレスト

チャレンジはお茶の間企画とはならないと思うのですよねぇ。