読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

雨後雨

日々の事。やれることを少しだけ。

「リコはおかあさん」

f:id:bluekana:20170513092846j:plain

 

「リコはおかあさん」

 山本 まつ子(著) 間所 ひさこ(絵)

 

79年ポプラ社刊行です。

良い仕事しますね。

 

出産のために夏休みに入って直ぐに入院してしまったお母さん。

リコはお母さんから母親役を任されます。

弟の面倒を見ながら、田舎から出てきたおばあちゃんと夏を

過ごします。お父さんは体育の先生。

現実とファンタジーを交えながらお話は進みます。

リコが弟の為に作るネギの味噌汁で、私は初めて文章による

食欲の喚起という現象を体験しましたw

今でもお味噌汁にネギが入っているとこの話を思い出すのです。

この本は小学生の時に学級文庫で読みました。

私の学校では教室の後ろに本棚が一つあって、児童小説が収めて

あったのですが(どこもそうだとは思いますが)、今にして

思えば、その本もそうとう面白くクオリティは高かった気が

します。70年代の作品は時代を差し引いてもやっぱり児童書の

黄金期でしたね。

お子さんのいる方は是非とも読んであげて欲しいです。