雨後雨

ゆっくり、少しだけ、日々のこと

シンプルな生活

 

 

   f:id:bluekana:20170527132125j:plain

「森の生活 ウォールデン」

   ヘンリー・デビット・ソロー

 

シンプルライフを送りたいなら、まずは読むと良いのかもしれません。

19世紀の本ですが(日本では明治に刊行されました)、アメリカでは

国民的な古典書です。最近、ミニマリストと言う言葉をよく耳にしますが、

まあ、元を正せばこのお方の存在が根底にある訳です。

自然に回帰してシンプルな生活を送ると言うのは、生活様式以上に

その思想が問われると言うことですね。

断捨離という行為で食器の数は減らせても、現代人は洗剤の使用を

止めることは中々出来ません。

ソローさんはその辺りを厳しく問い詰めます。

朝のコーヒーを批判して水を飲めと。

感化されて求道的な道を進む人も昔は多くいましたが、

やはり現実に即していない(多分、現実が間違っているのでしょうが)

実現不可能な道は険しく、本家USAでもオノ・ヨーコ的なカウンター

カルチャー同様、潔癖なソローイストは敬遠される傾向です。

そもそも、ソローさん自体が2年しか森の生活をしていませんからね。

まあ、この時代の実験的な試みだったのかもしれません。

 

出来る事はやるけど、大風呂敷を広げたり他人に強要はしない。

エコロジーというのはそれ位の付き合いが良いのかと。