雨後雨

ゆっくり、少しだけ、日々のこと

日本百名山

百名山を目標に山に登っている方は多いでしょう。

なにをもって百名山とするのかと言えば、

一般的には深田久弥の著書「日本百名山」と言うことになります。

 

  f:id:bluekana:20170612225347j:plain

 

作家の人間性と作品のクオリティは全く別の事柄だとは思います。

私個人は不倫は文化で良いという考えなのですが、

百名山好きの登山者には、不倫許すまじ。ギギギ!!って考えの

女性も多くいることでしょう。

まあ、そういう観点から見ますと、深田久弥はクズです。

そして、彼の為に人生の一時期を生きた元妻の北畠八穂は正に

天賦の才を持った女流作家です。

私は40年近く前に読んだ、彼女の著書「2じょうまの3にん」の

先見性に今でも尊敬の念を禁じ得ません。

深田久弥人間性に関してはwiki先生にでも聞いて頂くとして、

自分が行っている行為の元ネタを書いた人間を知っておくのは

悪いことではないかもしれません。

とは言っても、深田久弥がクズだろうと、大勢の人間が百名山

目指そうと「山は唯そこに在る」という絶対的な事実は変わることは

ありません。くっついたり、離れたり、変わるのは常に人の心の方

である訳で。