雨後雨

ゆっくり、少しだけ、日々のこと

山よ

昨日、百名山について書いたりしたので、

昔のエントリー(以前やってたブログの)を見ていたら

同じような内容のものが出てきました。

 

 

「山は唯そこに在り続ける」

いつも心に刻んでいる言葉です。

山にとっては人が来ようが来まいが関係ないことです。

好きになったり足が遠のいたり。

岩に登ったり雪を滑ったり。

人と出会ったり嫌な思いをしたり。

落ちたり助かったり。

飯が美味かったり寝不足だったり。

お金が儲かったり何かを失ったり。

全部、変わるのは人の方です。

それも大半は身体では無く気持ちの方。

だから逆に、「登らないけど登ってる」 人もいる。

そして「好き」になるのは簡単だけど「好きでいる」のは簡単じゃない。

変わるのが不可避な世の中で、それでも山とだけは繋がっていたい。

けど、ずっとそうでいられると思うのは驕り。

いつかは終わるかもって思うことは大事なんでしょうね。

山以外でも。

 

 

 

あまり考えは変わっていない様ですw

 

 

f:id:bluekana:20170613210112j:plain

広告を非表示にする