雨後雨

ゆっくり、少しだけ、日々のこと

エンヤトット

自動車産業(Big3)の衰退によって荒廃したデトロイトで生きる

青年の行き場のない怒りをラップで表現することでエミネム

世界的に支持された。

まあ、同性愛者や母親からはそのリリックを訴えられたりもしたけど

それはまた別の話。

 

日本ではなにやら若者がラップみたいなことを声高に叫びながら

法案に反対している様だ。

梅雨入り間近の不快な季節にご苦労様です。

私は政治的なことを語る程、青くもないので彼らの意図には興味は

ないのですが、問題はそのラップみたいなことのクオリティの低さだ。

 

 

    f:id:bluekana:20170617050534j:plain

青くて、DQN文化っぽさもあるけど、分かり易くストレートな 

SOUL'd OUTみたいなセンスや余裕や色気があれば救いもあるけど

 

どうしても、あの子供たちのは

 

 

  f:id:bluekana:20170617051141j:plain

 

TUBE的な、音頭的な、盆踊りや祭り太鼓な・・・・・。

もうちょっとなんとかならんのですかね?

昔、タモリが歌詞というのは比喩であるべきで、思いをストレートに

歌うのは要は下手なんだ的なことを言ってましたが、全面的にそうだと

思うんですね。

人に言葉を届けたいのなら、紫を、

「ときめきの赤 吐息のあお 今とけだした 夢の世界へ」

と表現した松本隆のセンスに学ばなければなりません。

本音を言わせてもらえば、あそこに集まっている男子の内、

かなりの割合は女子が来るから~っていう動機でしょう。

怒られそうだけど、まあ若さってそういうものだ。

別に悪い事ではないし、サッカーのサポーターとかだって

みんなそうでしょう。

もう直ぐ夏だし、アクシオンディレクトな情熱は浴衣の彼女を

盆踊りに連れ出すことに使った方が有意義だと思うのだ。

TUBEが音頭でなにが悪い?って話なのだ。