雨後雨

ゆっくり、少しだけ、日々のこと

男女間の友情

Tちゃんと言う女友達がいる。

もう、10年は逢っていないだろうか?

普通はそれだけ逢っていなければ付き合いも消滅なのでしょうが、

彼女とは未だに友達だ。

なぜだろう?

やはり、未成熟だった頃にお互い精神的に助け合ったというのが大きい

気がします。小さなアパートで膝を抱えて暮らす孤独な地方出身者で、

彼女は複雑な生い立ちの為、私は持って生まれた欠落した感性の為、

それぞれ、悲しい幼少期を過ごしたという共通点があります。

「同志」という意識が強いです。

結局、お互いのパートナーへの踏ん切りをお互いが背中を押すという

結果になり、今に至ります。

母親になってからの彼女にはまだ逢ったことがないのですが、

きっと素敵なお母さんになっていることでしょう。

男女間の友情は抑制された恋愛感情ではありません。

きっと、一生その人の存在を自分の中から消さないと誓える人だけが

得る事の出来るものなのだと思うのです。