雨後雨

ゆっくり、少しだけ、日々のこと

二つの作品

 

この国には何でもある。

本当にいろいろなものがあります。

だが、希望だけがない。

 

希望の国エクソダス

      村上 龍

 

 

 

それぞれが何かを犠牲にして、引き換えにして、

自分にとっての楽園を手にする。

それが他人からみてどんなに奇妙で滑稽であっても、

自分が求めたものなのであれば、それは覆せない。

 

「楽園」

     宮部 みゆき

 

 

国家を動かし、新しい国を作ろうとした少年達。

 

息子とのささやかな暮らしを望んだシングルマザー。

 

ベクトルは違いますが同じ意味ですね。