雨後雨

ゆっくり、少しだけ、日々のこと

皆が食べたい訳ではない

 

うなぎのシーズンですね。

一応、うなぎが名物の街に住んではいるのですが、

何軒か在る近所の名店様で食したことはありません。

同居人(今後はこう呼ぶことにします)の家族は鮨や鰻が好きで、

祝い事があったりすると良く食べに行くのですが(高級ではない普通の店)、

私はいつも卵丼を食べる。

鰻屋とは言え、鰻が苦手の人もいるので、(仕方が無く?)他の

丼物のメニューもあるのだ。

かば焼きの味が嫌いな訳ではないのですが食べたくない理由がありまして。

鮨も同様で、嫌いではないのですがどうにもダメなので、いつも海苔巻きを

食べます。

こう言う時に、あれこれ理由を聞かれるのは非常に面倒くさい。

スポーツを激しくやってたことがある人なら判ると思うのですが、

別に食事は必ずしも美味しいから食べる訳じゃないのです。

それに、私の生家は家業の関係で、食事は食べる用意が出来た人から

私語は挟まずに食べると言う習慣だったので、食事中の会話が非常に

苦痛だ。食べてる時に口を開くなと言いたい。

でも、大丈夫。私も大人ですよ。

笑顔で相槌を打つくらいのことは出来ますとも。

しかし、食べ物に対する本質的な感謝と静かなテーブル。

この二点を共有出来る人じゃないと本当に疲れます。