雨後雨

ゆっくり、少しだけ、日々のこと

危険はキケン

子育てが大変なのと安全性には全く因果関係がない。

ブサイクがモテないという理屈も同様。

だから、自転車の二人~三人乗りは止めた方が良い。

定められた多人数乗りの自転車の規則は、

あなたと同乗者の命を担保なんてしてくれない。

一車線の道路をキープレフトで走っていて、

車の側に倒れたら、自分も同乗者も死にます。

それを予見できなかったと責められる車の運転者も悲劇。

もし、三人乗りで三人ひき殺したら、私だったら

あなたが自分以外に二人も乗せてたからだ。

1人分の責任は取るけど、同乗者を殺した責任はあなたにもある

と言いたくなるでしょう。

だから、そんな危ないことはしない方が良い。

とにかく、自転車には複数人で乗る為の耐久性も安全性もありません。

私は長年、その業界で働いていたので心からそう思います。

もしも、子供を乗せているのなら、

育児に対する覚悟が足りないのかもしれません。

まあ、こういうことをはっきり言うと批判されるのでしょうが。

でも、危ないものは危ないのだ。

私の母は生家の家業の関係で、幼少の私を誰かに預けることが出来ずに

良く、色々な場所に引き回した。

それは今にして思えば、幼児には過酷な歩行距離だったと思うのだが、

母と草いきれの真夏に、焼けた道路の上をどこまでも歩いた記憶は

懐かしく、大切な思い出ではあっても、決して嫌な事ではありません

でした。

大変なのは判る。とっても判る。

でも、歩いたらいい。

子供が大きくなったら、自転車にには乗せなかった親にきっと子供は

感謝する筈です。