雨後雨

ゆっくり、少しだけ、日々のこと

お助けグッズ

筆塗りは楽しいのですが、全てでは無くて良い気がして

きました。しかし、エアブラシは・・・・。

コンプレッサー無しでエア缶直結という選択もありますが、

一色塗る度の手間はどうにもし難い。

エアブラシは詰まりや濃度の調整、「うがい」と言われる

エアーを利用した洗浄など、かなり大変なのです。

なんとか、缶スプレー以上、エアブラシ未満の方法がないかと

思っていたらありました。

多分、同じことを考える人は結構居るのでしょう。

ピンポイントに隙間を突いた製品を発見。

 

f:id:bluekana:20170814070140j:plain

 

「EASY PAINTER」と言う製品です。

好きな状態に混ぜて希釈(濃度の指定はありますが)した塗料を入れたボトルを専用のエア缶に接続する方法。

かなり理想的な方法でメンテナンスも多分簡単でしょう。

 

 

f:id:bluekana:20170814070447j:plain

 

専用のエア缶。

安くはありませんが、そんなに高い訳でもありません。

まあ、詰まったり、希望の濃度にならなっかりする事に比べれば

(それは全て自分の性なのですが)安いものです。

 

 

f:id:bluekana:20170814070712j:plain

 

なるべく一度に同色のパーツを塗りたいので、

「猫の手」と呼ばれるクリップ付きの棒も買いました。

 

 

f:id:bluekana:20170814070844j:plain

 

このハチの巣状のベースに立てて使います。

 

 

f:id:bluekana:20170814070929j:plain

 

こんな感じでクリップで挟んで乾燥させたりもしてましたが、

やっぱり専用品は使い易いでしょう。

道具を買うとテンションは上がりますが、

製作の方は相も変わらずゆっくりのんびりです。