雨後雨

いつも降っています。日差しがあっても。

残業からのバイク整備

繁忙期です。

残業続き。。。。。

金曜も帰宅は9時ごろになってしまいました。

妻の人と愛犬君は6時頃に車でセカンドハウスに出発済。

私はバイクで向かいます。

 

 

寒い。。。。。

耐えられなくなって缶コーヒーとおしるこを飲みました。

晩ご飯も食べてないので発熱しません。

いつもとは違うヘルメットを被っていったのですが、

隙間風が凄くて更に辛い状況です。

もっと厚着してくれば良かったです。

なんとか12時頃には到着。

星が凄いです!!

部屋はすっかり暖まっていたのでラーメンを食べて寝ました。

 

 

 

すっかり冬枯れ。

葉っぱは全て落ちています。

 

 

 

ウッドデッキに作業場を設置。

今回は電気系のあれこれ。

 

 

また外装を剥いであれこれ配線作業。

もうこれ以上は電装品の追加は無理ですね。

あとはバッテリーをリチウムにするしかないです。

 

 

 

メーターを追加する為にはエンジンオイルと冷却水を抜かなければなり

ません。付いてない物を付けるのは大変ですw

 

 

 

ホースをカットしてセンサーを割り込ませます。

センサーは下から上に向けて装着するのが基本。

 

もう疲れて限界なので鍋を食べてこの日は終了。

しかし、夜半から裏山からの吹き降ろしが始まって

日曜の昼まで暴風になってしまいました。

流石に整備は無理なので諦めます。

 

 

 

結局、厳重にラップをしてバイクは置いて帰る事にしました。

来週は車で来て続きを行なおうと思います。

 

 

 

裏の林のツタの絡まった樹は根本が折れてしまいました。

左右の樹に絡まったツタでぶら下がっています。

危ないから切りたいのですが、国立公園内なので勝手に行うことが

出来ないのです。

因みに花壇や畑も作る事は出来ません。

植物を育てたい場合は鉢やプランターになります。

 

お昼ごろ復路へ。

帰りの車も運転は任せて寝ました。

来週は整備の続きと煙突掃除です。

 

 

 

涙。。。。

私の大好きなプロゴルファー藤田さいき選手。

ツアー5勝。

しかし、この11年間は優勝からは遠ざかっていました。

結婚、怪我も経験しました。

宮里藍選手を初めとするする同世代が姿を消していく中、

ずっとトーナメントを回り続け、この数年は調子も上向き。

今期は2位に3回。3打差で最終日を迎えたのにひっくり返されたりも

しました。

今回も本人はクールな感じで、正直もう闘志を前面に出す様な

戦い方はプレッシャーが凄くて無理なのかなぁ~と私は感じて

いました。最終ホールでロングパットを残してしまった際も

なにがなんでもねじ込む~と言うよりはプレーオフも致し方なし

といった雰囲気でした。

しかし、微妙に残った距離の2パット目は見事にカップへ。

トータル21アンダーと言う凄いスコアで11年振りの優勝を決めました。

そして、その瞬間。。。。。

溢れる、正に溢れ出す涙。。。。。。

そうです。彼女は一時も優勝することを諦めたりしたことは

無かったのです。

私の様な素人ファンがあれこれ語らなくても、

こちらの動画を見て戴ければ11年間の思いの全てが伝わると

思います。

久し振りにスポーツを見て身体が震えました!

ありがとう、さいきまちっく!!

 

 


www.youtube.com

 

永遠のミューズ

 

  

 

オードリーは美しい。

 

 

 

 

でも、私はイングリットバーグマンの方がもっと好き💛

 

 

 

 

大作家 アーネスト・ヘミングウェイは代表作

誰がために鐘は鳴る」の映画化の際、

(映画のタイトルは「誰が為に鐘は鳴る」)

この役はイングリットバーグマン以外にはありえないと

面識の無い彼女を指名したのは有名な話。

不倫、ハリウッドへの復帰と、人間臭い波乱万丈な女優人生

を送った点も彼女の大いなる魅力だと思います。

娘であるイザベラ・ロッセリーニに関しては以前書いた気が

するので割愛します。

 

ここでは上に書いた自身初のカラー映画となった

ヘミングウェイ作品のタイトルの由来を。

これはイングランドの詩人 ジョン・ダンの説法の一節です。

 

誰がために鐘は鳴る


人は離れ小島ではない

一人で独立してはいない

人は皆大陸の一部

もしその土が波に洗われると

ヨーロッパ大陸は狭くなっていく

さながら岬が波に削られていくように

あなたの友やあなたの土地が

波に流されていくように

誰かが死ぬのもこれに似て

我が身を削られるのも同じ

なぜなら自らも人類の一部

ゆえに問う無かれ

誰がために弔いの鐘は鳴るのかと

それが鳴るのはあなたのため


(浜野聡訳)

 

現代人はこの考え方を自分の職場に当てはめてみると良い

のではないでしょうか?

あなたの成果はあなた一人の力で成した訳ではない。

同僚の失敗もまた、彼一人の過ちではない。

 

 

 

 

 

作る 休む

   

 

金曜部の夜。

愛犬君は週に一度、病院のペットホテル(日帰り)なので、

何とか定時で仕事を終わらせないとなりません。

職場の皆さんの協力のお陰でなんとかなっています。

感謝しかありません。

 

夜は生姜焼きを食べたい私と蒸し野菜が食べたい家人の

両方の希望を叶えるべくべくガシガシ料理をします。

週末から週明けの分の副菜もどんどん作る。

かぼちゃが美味しい季節です。

 

 

明けて土曜日。

妻の人は職場のゴルフコンペ。

愛犬君と近所の新しく出来た公園まで散歩に行きます。

ペット立ち入り禁止じゃなくて良かった。

帰って来たらヨギボで完全に寛いでいます。

 

最近はなにも活動しない休日らしい土曜日が楽しいです。

やすむひ と書いて休日。

やっとそんな日々が心地良い年齢になったのでしょうか?

良い天気です。

 

 

 

 

 

安くても良い物

すっかり1/4インチ(6.35mm)ドライブ好きになってしまいました。

今まで使用してこなかったので、初めて工具を揃えだした時の様な

楽しさがあります。

 

SK11(藤原産業)さんはリーズナブルな割りに比較的高品質。

一般ユーザーに現実的で実用的な工具を提供し続けています。

 

 

   

 

 

今回はT型のハンドルを購入しました。

約1000円です。

同じ仕様の9.5mmも持っているのですがフリーターングリップで

早回しが出来るので非常に作業性が良いです。

バイク整備用のT型レンチはKOWAさんの製品が評価が高く、

昔からH社の推奨工具となっていました。

しかし、このSK11のハンドルは価格は半分以下でも使用感は

は遜色ありません(個人的な感覚です)。

安くても良い工具は確かに存在しますし、高価な海外製の工具

でも、日本人の手には合わない物(特にサイズや握力的に)も

あります。

やはり、手に取って自分に合うか合わないかをしっかり確かめる

目を持つことが大切ですね。

 

 

 

セットUP

本来ならば今週はセカンドハウスで電気系のパーツをあれこれ

組み込む予定だったのに、コロナの後遺症とワクチンの副作用

で何も出来ず。。。。ギギギ

日曜になって、やっと何とか体調も戻ったので

バイクのデバイスのセットアップを行いました。

 

 

      

 

ギヤシフトインジケーター。

ギヤが何速に入っているか表示してくれます。

昔はツーリング系の豪華なメーターのバイクには付いている

こともありましたが、レプリカ系のバイクには有りませんでした。

どちらかと言うと走りを追求したバイクに乗るライダーは

今、ギヤが何速に入っているかは表示なんてなくても

判っていて当然~という空気だったのです。

中々、スパルタンな時代でしたw

今は有って特にデメリットがないなら付けたい物はお好みで~

って感じですね。フレンドリーな時代になりました。

 

 

    

 

スプロケットやタイヤを換えた際にスピードメーターの誤差を

補正するデバイス

私のバイクはスプロケットから回転を取ってはおらず、

フロントタイヤの回転数から拾っています。

ノーマルのバイアスタイヤからワンサイズ太いラジアルタイヤ

換装しているので直径が少し大きくなっています。

その為、多少誤差が出ていました。

スマホGPSスピードメーターを起動して少し走行。

実測との誤差は5%程度でした。

これを補正します。

もう一度走行してみると、ほぼ誤差は無くぴったり。

1000ccなら多少のことは気にならないのですが、

250ccはこれらの細かい数字もデータとして拾いたいところ

なので正確に測定出来るに越したことはありません。

面倒なことがひとつ片付いて良かったです。

 

 

 

頭が悪いと



お気に入りのTシャツw

 

4回目のワクチンを昨晩打ったら副作用が酷くて早退しました。

と言いますか、先月コロナに罹患してからずっと体調が戻りません。

早く健康になりたい。。。。。

 

車の車高を闇雲に下げようとする人や、

車高は低い方が恰好良いと思っている人は基本的に頭が悪いので

大抵勘違いしているのですが、

車と言うのはバネを短くしたり、バネの位置を変えることで

車高を下げた場合、カーブではより大きく傾く(ロール)様に

なります、

大抵の頭の悪い人は車高が下がる=重心も下がると勘違いしていて

車高(最低地上高)を減らせばロールも減ると考えています。

まあ、自動車屋さんもそう考えているケースも多々ありますので

あまり若い兄ちゃん達ばかりアホ扱いするのも可愛そうですが。

車がカーブで傾く量を調整するには「ロールセンター」と言う

車両重心とは別のロール軸の中心位置を変更する必要があります。

単純にバネを何巻かカットしてもサスアームが万歳するだけで

ロールの少ないスポーティーなフィールにはならないのです。

 

しかし、頭の悪い車好きってどうして用語を省略したがるんでしょう?

 

ドライブシャフト⇒ドラシャ

 

プロペラシャフト⇒ペラシャ

 

カニカルポンプ⇒メカポン

 

エアークリーナー⇒エアクリ

 

聞いてるこっちが恥ずかしくなる程の厨二っぷりですw

 

私の中学校の時の技術の先生は見識のある方で、

工業の世界で素材や部品、道具の名称を絶対に省略してはいけない

と厳しく教わりました。

後年、私は物作りを仕事として行う様になり、その意味を深く

知るようになります。

ステンレスをステンと呼ぶ職人さんは物の道理が判らない人なのです。

 

ただ、これは仕事の現場でだけの話ではありません。

家庭の台所の調理器具だって、船行包丁と三徳包丁はそれぞれの

呼び方で呼んだ方が良いし、その意味を知って使えば作業は一段

質の高いものになる筈です。

 

言葉を省略する。

それは時と場合を考えた方が良い行いですね。

それが判っている人でありたいものです。