雨後雨

ゆっくり、少しだけ、日々のこと

ギムレットには早すぎる

ジンは肌に合う。

酔い方の速度が丁度良いのだ。

昔、元銀座のホステスさん(辞めて5年以上経っていた)と仲良く

なって、時々映画や美術館に行ったりしていた時期があったのですが、

彼女は非常に派手な顔の作りではあるけど、生活や立ち振る舞いは

控え目というか地味。スタイルも平均的な日本の女性だ。

では、普通の人とどこが違うのか??

それは一にも二にも会話。

受け手でも話し手でもない~と言うか気付かない。

しかし、彼女と一緒にいると、こちらは話したい事を話したい分だけ

話終えている。普通、異性と一緒にいて、デートっぽい日を過ごしたならば、

「もっとこう言っておけば」とか「言うんじゃなかった」ってシーンが

必ずあると思うのですが、彼女と話をしていると、どんな時、どんな話題

でも、こちらは必要な分だけのことを全くストレスなく話終えている。

彼女が何かの知識をひけらかしたことは無いし、かと言って、ちょっと

込み入った専門的な内容になっても、知らないと言ったこともない。

手品みたいです。

と、まあ話が逸れましたが、私にとってジンとはそんなお酒だ。

そんなジンを使った代表的なカクテルと言えばギムレットですね。

私は甘党ですので、コアントローのライムジュースも好きなのですが、

フレッシュライムジュースとビーフィター24のみの超ドライでシェイク

するのが好きです。シェイキングは音が出ないよう柔らかく。

そんなシンプルなレシピが私のギムレットです。

でも、その彼女とはバーで飲んだりしたことはありません。

普通に居酒屋やファミレスでしたが、今にして思えば会話だけでは

なくて、そんな部分も相手に合わせて自在に伸縮出来るさりげなさが

有ったのでしょうね。なんにせよ、非常に感じ入る点の多い、

素敵な女性でした。

唯、彼女とはなんとなく会う機会が無くなってしまいました。

その時の私には(今もだが)、大人としての力量が不足していたの

でしょう。

そう、ギムレットには早すぎたのだ。

広告を非表示にする